糖尿病のダイエットに母が愛飲しているプーアル茶

私の母は、身長152cm、体重75kgと肥満体型です。
その上、糖尿を患っていて、もちろん血圧も高血圧。

また若い頃に帝王切開を2回していて、今から5年前に片方の腎臓を
全部摘出しています。

肥満体型なので、お医者さんからはとにかく糖尿病にはダイエットが
欠かせないので体重を減らすようにと言われてるのですが、
なんせ食べることが大好き。時に甘い物には目がないです。

現在、ダイエットレシピはたくさんあります。
ダイエットレシピの基本は低カロリー、栄養バランス、野菜、
きのこ、海藻類といったところでしょうか。

それなら適度に体を動かし、ウォーキングでもして運動をすれば
いいのですが、「今日は暑いからダメ」だとか「今日は足が痛いからダメ」
だとか、なんとかかんとか言い訳ばかりをして、
全く運動をしようとはしません。

いつも家にいて、昼食後はテレビを見ながら横になっています。
何度言っても生活を変える様子は見えません。

時々、テレビでダイエットレシピを見て作ってみるものの、
毎日それを摂取するとなると続かず3日坊主で終わってしまいます。

入院をしていた時は、病院で管理されていたこともあり、糖尿食で
1日1600カロリーと栄養バランスのとれた食事をしていたことも
あってか、一時期は60kg台まで痩せていたのですが、今はもう
すっかり元に戻っています。

今でも月に1度の定期検査を受けているのですが、定期検査の1日前に
なると、「明日は病院だから、今日は食事を控えめにしておとかないと」
とその時だけ食事を控えています。

病院に行くと、その場しのぎの対処は検査をすれば直ぐに分かる
ことで、やはりもう少し無理のない程度に体を動かし体重を減らす
ようにと言われます。

そんな母がしている糖尿病のダイエット対策は中国茶。
対策というと少し違うかもしれませんが、ダイエットは毎日維持
継続してこそ意味のあるもの。

毎日の食生活の中で、カロリー計算や栄養バランスを考え、
摂取することは、簡単なようで難しいことです。

特に3日坊主の母にとって中国茶はいいようです。
お茶は毎日嫌での飲むもので、お湯を沸かせだけで後は手間いらず。

母が飲んでいる中国茶はプーアール茶です。
本場中国の雲南省から直接取寄せています。

プーアール茶は中国ではよく飲まれているお茶で、緑茶を黒麹菌で
最低でも半年から1年程醗酵させたお茶です。茶葉は年数を重ねるほど
味がまろやかになり、深みと旨みが増してヴィンテージ茶になります。

母が飲んでいるのも10年物になります。
プーアール茶は脂肪や糖の吸収を抑える働きが強く、
脂肪燃焼作用があります。

糖尿病・むくみ・ダイエット効果・高血圧等々にとても効果的です。
3日坊主の母がもう5年間続いています。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする